つむぐ訪問看護
ステーション
採用特設ページ

見学してみる

『つむぐ』に込めた想い

image

私はこれまで訪問看護師として働いていくなかで、「訪問看護」とは、ひとりひとりのご利用者が織りなす人生という一枚の布における、様々な折り目・継ぎ目に立ち会う仕事だなと感じてきたんですね。
そういった「糸」とか「織物」のようなイメージを取り入れたいと考え、『つむぐ訪問看護ステーション』という名前にしました。
また、私のもつ「糸」や「織物」といったイメージは、私の生まれた故郷、沖縄県多良間島で織られていた『宮古上布』から、そしていまも大切に持ち歩いている、母からもらった宮古上布に由来しています。

mom

実家での母と最後の日々

私の母は、脳出血や、股関節のオペをしたことで故郷の「多良間島」に帰ることができず、島を離れた宮古島で胃ろうをしながら療養しておりました。 ただ、実家のある多良間島は、昔は在宅で亡くなる方が多く、母も島で最期を迎えることを希望していました。

mom

ひ孫を抱きかかえる母

そんな母の希望を受けて、姉たちは実家で看る手立てがないか模索しており、私は母の願いを実現させたくて仕事の介護休暇を取りました。私は母を船に乗せて島に戻り、 亡くなるまでの3週間を兄弟や親族たちと一緒になって過ごしました。

mom

「多良間で最後を迎えたい」という母の希望を叶えられたことは、訪問看護師として、娘として嬉しく思いました。また、母に訪問看護師として「大丈夫だよ」と背中を押されたことは、何よりのプレゼントでした。 島の何かを訪問看護への想いとして残していきたい。そう思って、沖縄の紬(つむぎ)と糸を織りなすイメージを合わせて、訪問看護ステーションの名前に「つむぐ」と付けることにしました。

mom

天気のいい日の多良間の海

まずは、見学から!
お気軽にお問い合わせください

見学してみる

つむぐの特徴

image

やりたいことを尊重

看護師一人ひとりが理想とする看護、やりたい看護を実施できるようにサポートします。

image

小児から難病の方まで幅広く

地域に根ざし、幅広い疾患やケースのご利用者を看ていくことができます。

image

子育て中でも仕事ができる

お子さんがいても安心して働ける環境づくりで、子育て中でも働くことができます。

『つむぐ訪問看護ステーション』が目指すもの

訪問看護では、ご自宅で過ごすことを希望された方だけではなく、病院での受け入れを断られてしまった方、やむを得ない事情があってご自宅を選択せざるをえなかった方など、 様々な背景を持ったご利用者と関わっていくことになります。

そのような中で、ご本人やご家族が抱える不安を受け止め、一緒に考えることができる、 私たち訪問看護師が担う役割は非常に大きなものだと感じています。

『つむぐ訪問看護ステーション』では、様々なご利用者のおひとりおひとりが、住み慣れたご自宅で、 その人らしく穏やかな表情で過ごすための最大限の支援ができる訪問看護ステーションを目指していきます。

私自身もまだまだ未熟な人間ではありますが、ご利用者の想いや願いを感じられる豊かな感性を大切にしつつ、 一緒に働くスタッフのみんなと共に成長をしていきたいと願っております。

image

所長 土屋清美

1962年生まれ 沖縄県出身
看護師 / 訪問看護認定看護師 / 介護支援専門員 / 福祉住環境コーディネーター / 在宅褥瘡予防管理師 / 呼吸ケア指導士 / ELNEC-J指導者

看護師としてのキャリアと訪問看護をはじめたキッカケは?

私は沖縄県出身でして中学まで『多良間島』という故郷の離島で過ごし、家族の薦めもあって高校卒業と同時に東京を出て看護学校へ進学しました。

mom

准看護師の資格取得後、医療機関でアルバイトをしながら正看護師の資格取得をしたのですが、医療機関で亡くなる患者さんを目にしながら、故郷のおじいちゃんやおばあちゃんたちが自宅で家族に囲まれながら看取られていく姿を思い出しました。
いまになって考えると、そういった故郷の原風景が現在の訪問看護の道に繋がっていたのではないかと感じています。

正看護師資格の取得後は、大学病院の内科病棟で勤務をして、結婚や出産でのブランクをはさんだ後、外来や産科病棟で復職をしたのですが、二人目の子どもが生まれたタイミングで家庭と仕事のワークライフバランスを保つことが難しくなり、それからしばらくは専業主婦をしておりました。

子育てもやっとひと段落したタイミングで、臨床の現場に戻りたいと考えた時は、もう自分の中で病院に戻るイメージはあまりなくなっていました。
そんな時、たまたま訪問看護ステーションの所長をやっていた知人から声をかけてもらったことをキッカケとして訪問看護をはじめるようになり、それから訪問看護にハマっていったという経歴です。

mom

訪問看護をはじめて苦労したことは?

本当に訪問看護をはじめたてのころですが、自分がご利用者のためを思ってやったことが、ご本人にとってポジティブなことにならなかったことが何回か続いてしまい、自分自身も戸惑いましたし、ショックも大きかったことを覚えています。

あとは、訪問看護をはじめて未経験の診療科や技術にふれる機会が増えたので、その学習や習得にも苦労をしました。
事業所の先輩からのフォローはもちろんなのですが、外部の研修を利用したり、ご利用者にフォローをして頂いたりしながら、少しずつ訪問看護師としての実力を積み上げていけたのかなと感じています。

mom

訪問看護の認定資格について

訪問看護師としてキャリアを積んでいくなかで、「自分の看護は本当に正しいのか? その根拠は? 思考の課程は?」といった疑問が次第に大きくなっていきました。

それで、「この仕事が好きだし、よりエキスパートになりたい!」という気持ちが強くなり、一念発起をして認定資格を取得することにしました。
家族にはとても迷惑をかけることになりましたが…(苦笑)。

実際に認定資格を取得して、自分の看護を俯瞰してみれるようになったことはとても良かったと思っています。
悩んでいた、自身の看護に対して根拠付けが甘かった点を整理できるようになりましたし、看護を「言語化して伝える」という点で他の看護師や多職種の方と一緒になって考えるうえでも役立っているように感じています。

mom

まずは、見学から!
お気軽にお問い合わせください

見学してみる

募集要項

募集職種 看護師
雇用形態 常勤・非常勤
※パート勤務は週2回から相談可能です。
応募資格 看護師
※移動は電動自転車
※運転免許があれば尚可
勤務時間 8:45~17:45
休日 日祝、年間休日:120日
休日でも計画訪問・オンコール出勤あり。
休暇 夏季休暇 / 年末年始休暇 / 慶弔休暇
福利厚生 社会保険完備
退職金制度(勤続5年以上)
家賃補助
その他
給与 250.000~350.000円
※諸手当を含んだ月給額
諸手当 オンコール手当:2.000~4.000円
資格手当:20.000
住宅手当:10.000
賞与 年2回(6月/12月)1カ月分
昇給 年1回(7月)
モデル給与 月給 ※諸手当を含む
経験年数3年:245.000~
経験年数5年:260.000~
経験年数10年:330.000~
想定年収 年収※諸手当を含む(訪問看護初めての方の場合)
想定年収
経験年数3年:420万〜
経験年数5年 440万~
経験年数10年:460万~
※見込み残業20時間を含む
※ご経験・有資格に応じて相談可能です
採用過程 面接から内定まで、通常(1週間ほど)を目安としてお返事いたします。
※入社月・入社日は応相談可能です

見学してみる

会社概要

社名  株式会社つむぐ風
事業所名 つむぐ訪問看護ステーション
所在地 東京都練馬区石神井町6-26-21-102
連絡先 03-6913-2695
設立  2019年1月23日
代表者 土屋清美
資本金 800万円

お問い合わせ

まずは、見学から!
お気軽にお問い合わせください。